良い眠りができるおすすめの方法

睡眠の質を上げるものとしてまず1つ目に暖かいものを寝る前までに飲むことです。暖かいものを飲むことで体が交感神経から副交感神経優位となりゆったりとした感覚になり睡眠に入りやすくなるからです。おすすめのものとしてはホットミルクやホットココア、カモミールティーを始めとしたハーブティが良いです。よくアルコールを飲んで睡眠に入りやすいと思っている方もいらっしゃいますが、アルコールを摂取することで肝臓が分解するよう働きかけるので逆に寝れなくなる可能性が高いのでやめておいた方がよいでしょう。2つ目は、お風呂に40度くらいのお湯で10~20分くらいゆっくりとつかることです。ゆっくりと言っても、1時間もつかると効果がなくなってしまうので気を付けましょう。お風呂に入ることで体温が上がり副交感神経が優位となりリラックスした状態になり深い眠りにつくことができるのでお勧めです。ただ扇風機やエアコンですぐ涼んで体を冷やしてしまうとなかなか寝付けなくなるので、お風呂に入った一時間以内ぐらいには寝るという意識で入った方が良いでしょう。半身浴か全身浴かは、昔は半身浴が良いとされたいましたが全身浴も体を温める効果は高いのでお好みで入ってよいでしょう。入浴は睡眠の質を向上するだけでなく、要介護予防にも効果が叫ばれているので体調面を気にされている方にはぜひ試してもらいたいです。このように睡眠の質を上げることは健康にも結びつくので大事だと言えます。