睡眠は無理に眠ろうとは思わない。でもスマホは注意!!

1.睡眠は7時間とると美容に良いはちょっと違う
よく睡眠は7時間眠ると良いと言われて7時間布団に入っている人もいると思います。でも布団に入ってすぐに眠れるわけではありません。私個人的には7時間睡眠にこだわる必要はないのではないかと思うのです。何故ならば人の睡眠のリズムにはレム睡眠とノンレム睡眠があります。この内美容に良いとされるのがノンレム睡眠です。ノンレム睡眠は脳も体も眠った状態なので細胞が生まれ変わっているからです。だから7時間睡眠と言うよりもノンレム睡眠をきちんととるという事が必要だと思うのです。
2.寝る前のスマホやパソコンはやっぱりNG
やはり寝る2時間前にはスマホやパソコンはもう電源を切った方が良いでしょう。なので寝る2時間前に電源を切りスマホは充電時間に充当すれば良いと思うのです。そしてその間にご飯を食べてお風呂に入れば人によっては2時間ぐらいは経過してしまう人もいるでしょう。スマホを見たいという気持ちもわかりますが、食事中やお風呂に入っている時にスマホを見る人はいないですよね。それにお風呂はシャワーではなく湯船にゆっくりつかれば時間もたちます。そうするとリラックスして睡眠の質を上げることができると思うのです。
3.眠らなきゃと薬を飲みのは出来るだけ避ける。
眠ろうと思い薬に頼るのは良くないです。この生活を続けていると薬がないと眠れない状態になって返って悪影響です。病院の処方がない限り薬に頼るのは辞めた方が良いと思います。
まとめ
人は毎日毎日きちんと眠れるものではありません。ストレスや考え事等で眠れなくなる場合もあります。でも2日眠れなくても3日目には爆睡です。なので無理に眠ろうとしない。これが一番睡眠の質をあげるために必要なことだと思うのです。なので7時間睡眠とかに無理にこだわらず眠くなったら寝る。眠れなくても横になっていて気持ち良ければそれでいいんです。その状態もストレスを軽減させやがては睡眠の質の向上につながります。なので眠らなきゃいけない。と自分を追い込まないことが一番です。ただスマホやパソコンのライトはせっかく眠れるようになっている状態を壊してしまう可能性もあるので気を付けて下さい。