一番睡眠の質を上げる方法とは

“寝やすい、寝にくいなど睡眠に至るまでの苦労を要する人とそうではない人さまざまいます。しかしながらこの睡眠に入るまでの寝やすさなどとは関係なく、睡眠の質というのがあり、いくら寝やすい体質だとしても睡眠の質は一概に良いとは言えないのです。自分は寝つきがいいと思っていても睡眠の質が上がっていないという人は多くいて、睡眠の質を向上するのにはやはり運動をすることが大事なのです。
こういった経験はないでしょうか、久しぶりに運動をしたり体が疲れ切っている時、特に体力的に疲れている時はすぐに寝ることができ、寝付きやすいといったようなことが経験としてあると思います。ですので睡眠の質を上げようとするとやはりその体を酷使し体力的に疲れている体を作り上げることは大事です。
デスクワークであったり主婦や学生などで体を動かしていないといったような時に睡眠の質が悪いと感じるのであれば、やはり運動する以外その解決策はあまりないと思います。いくら寝具を新調したからといってやはり運動には勝らず、美味しい料理の最大のスパイスは空腹であると言ったのと同じように体を動かし疲れることが一番睡眠の質を上げる方法なのです。”

副交感神経を活発にさせる

夜中々寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまうといったこともあり、深い眠りが中々出来ずに昼間も疲れが残ってしまう事があります。寝る前に考え事をしていたり、ゲームやスマホを寝る寸前までしているために交感神経が活発になってしまうと、深い眠りを妨げてしまいます。睡眠の質を上げるためには、副交感神経を活発にさせることが大切です。交感神経は活動をしている時や緊張状態にある時に活発になるのに対して、副交感神経はリラックスをしている状態でどんどん活発になっていきます。なので眠る前には、リラックスをすることがとても重要になってくるのです。リラックスをするためには体のマッサージをするのも良い方法です。そして、考え事をしてしまうのも良くありません。昔から眠れない時には羊の数を数えると良いといわれていますが、これはとても理にかなっているといえます。羊の数を数えることで、スーッと眠りに入っていくことが出来るので、ぜひ行ってみると良いでしょう。

睡眠の質を高めるためにできることはたくさんある

睡眠の質をあげるためにすべきことはいろいろありますが、いつも決まった時間に寝るようにすること、夕食を早めに食べてその後はお菓子などなにかを食べたりしないこと、リラックスして寝ることです。睡眠を妨げる煩い事は、早めに解決してしまうこと、また煩っても解決しない問題はあまり考えないようにすることも大切です。そのようにして感情的にできるだけ安定することは大切です。特に人間関係の煩い事は、睡眠の質に影響しやすいため、喧嘩をしたのであればできるだけ早く、できればその日のうちに仲直りすることができるでしょう。

睡眠の質のためには、空調も1つのポイントになります。適度な空調であれば寝やすいために、エアコンや扇風機のタイマーなどを使って調整することができます。快眠のためにコンフォータブルなベッドを揃えることや、自分の寝る姿勢に合った枕を使うことも重要になります。多少お金はかかりますが、それによって熟睡し疲れを取ることができるのであれば、良い投資であると言えます。睡眠の質を高めるためにできることはたくさんあります。”